ドッグランは、わんちゃんたちが自由に走ることができる施設です。

のびのび楽しそうにしている姿をみるのはうれしいですね。

20151124_1

いつもと違う臭いも楽しい!

普段のお散歩とは違った運動ができるので、気分転換にも良いですね。ときどき利用してみませんか?
ただ、ドッグランを利用するにはいくつか注意が必要です。

【利用する前に確認しよう】

ワクチンを接種していますか?

多くのドッグランでは、狂犬病予防注射はもちろん、混合ワクチンも利用条件になっています。

条件であるだけでなく、わんちゃんを守るためにも必要です。

基本的なしつけはできていますか?

特に、呼び戻しができることは重要なポイントです。

社会性は身についていますか?

他の飼い主さんや、他のわんちゃんに攻撃せずに仲良くできないと安心して遊べません。

「仲良く」は無理でも、喧嘩などしないで距離感を保てるとよいですね。

【利用中に注意しよう】

すぐに放さない

ドッグランに入ったら、他の飼い主さんやわんちゃんの様子をしっかりみてから放しましょう!

まずは他のわんちゃんとのご挨拶を済ませてから放すのがベストです。

目を離さない

ドッグランは「散歩しなくていいからラクだなあ~」なんて、飼い主さんのためにあるのではありません。

他のわんちゃんや飼い主さんに迷惑がかからないよう、目を離さず、トラブルを未然に防ぎましょう。

うんちは大切に

基本的なマナーですが、ドッグラン内でのうんちは大切に持ち帰りましょう!

うんちを見ることは健康管理の観点からも重要です。

注意事項を守っていっぱい走ったよ!!!

注意事項を守っていっぱい走ったよ!!!

注意事項を読んでみてどうですか?

みなさんのお宅のわんちゃんはドッグラン、楽しめそうですか?

「他のわんちゃんへ激しく吠えかかってしまって、ドッグランを利用できない」なんて方は吠えない練習をしてからドッグランに行きたいですね。

そのためには協力してくれるわんちゃんと飼い主さんが必要です。
でも、いきなりご近所さんに「うちの子他の犬に吠えるので、協力して!」と言っても難しいですよね。

しっぽのかぞくでは、そんな飼い主さんからのご相談もお受けしています。

看板犬のたまごと一緒にお宅にお伺いします!

飼い主さん自身が、他のわんちゃんへ吠えない距離感を教えることができるようになったら、ぜひご近所さんに声をかけてみましょう。

一緒にお散歩できるようになったら、ドッグランにも行けるかもしれません。

安全にドッグランを楽しめるよう、がんばっていきましょうね。