桜島の噴火警戒レベルがあがりました。

それに伴い、避難されている方もいらっしゃいます。

これ以上大きな被害がなく、皆さんが少しでも早く安全にご自宅に戻れることをお祈り申し上げます。

 

さて、久喜市には大きな火山はありません。

しかし、久喜市の「ハザードマップ」を見てみると

揺れやすさの項目では震度6~7の可能性がある地域があり、

洪水の項目では利根川の氾濫を想定すると、浸水した場合5Mの深さを予測される地域があります。

これは大変な問題です。

 

しかも、この「ハザードマップ」の存在自体、ご存知のない方も多いのが現状です。

ご自宅の被害想定がどのようにされているのか、ぜひチェックしておいてください。

久喜市の防災ハザードマップはこちらから見ることができます。

http://www.city.kuki.lg.jp/kurashi/bosai_bohan/bosai/saigaisonae/20150324160927034.html

 

ご自宅の被害が想定できたら、次は避難準備です。

皆さんは避難の準備はできていますか?

ご自身のことだけでなく、動物たちの避難準備も必要です。

 

避難準備とは、持ち出し品や備蓄品はもちろんのことですが、クレートトレーニングなども重要です。

一緒に避難するには、小さい犬や猫はクレート(ケージ等)に入ることができれば、とても避難しやすくなります。

大きな子は、瓦礫の上をあるけるよう、靴をはくトレーニングをすると良いですね!

看板犬たまごは、みてのとおり、クレートトレーニングはバッチリ!

慌てていても、クレートのドアをあければするっと入ってくれます。

 

みなさんも、

  • ハザードマップの確認
  • 避難準備→物資だけでなくしつけについても!

あらためて再確認してみましょう!