シェイクアウト訓練とは、決められた時間に、その場で一斉に身を守る行動を取る、日頃の防災対策を確認する訓練です。
指定の避難所に避難するタイプの訓練ではなく、その時その場で自分自身が行うのです。

今日、全国瞬時警報システム(Jアラート)を利用した緊急地震速報の訓練が行われ、久喜市ではこの警報に合わせて「シェイクアウト訓練」が実施されました。
午前10時頃に防災行政無線から緊急地震速報のチャイム音と、アナウンスがが放送されました。この放送がシェイクアウト訓練の合図です。

さあ、しっぽのかぞくで実施するシェイクアウト訓練も4回目です。

毎回やるたびに違う発見があります。

★1回目のシェイクアウト訓練の様子や「シェイクアウト訓練ってなんぞや?」ということはこちらのページをご覧ください。

★2回目のシェイクアウト訓練の様子

★前回のシェイクアウト訓練の様子

今回のポイントは「一緒にテーブルの下に入る」です。

みなさんは、各地にある防災体験スポットに行ったことはありますか?

行ったことがない方、是非行ってみて体験してみると良いと思います。大きな揺れを体験してわかることの一つが

「犬を抱いて、この揺れの中机の下に逃げ込むって難しい!」

ということです。

この体験があったから、今までのシェイクアウト訓練では、看板犬たまごを「ハウス」させることに重点を置いていました。

しかし、地震のときに自宅にいるとはかぎりません。

一緒に仕事にでかけることもあります。

そこで、今回はテーブルの下に一緒に逃げ込むことを目標としてみました。

「おいで」で来ない!

さあ、時間になり防災無線で警報が鳴らされました。

私は先にテーブルの下に入り、ソファで寝ているたまごを呼んでみます。

ところが、たまごはやってきません。

「なんで、そんなところにいるの!?どうしたの!?」

と大混乱。

そりゃそうです。テーブルの下にうずくまる飼い主なんて怪しいですよね。

急いでソファに迎えにいき、一緒にテーブルに入ることにしました。

テーブルの下のたまご
なんだか不安

必要なトレーニング

トレーニングというより「慣れ」が必要です。

テーブルの下に入る経験が必要です。

さらに、普段とは違う環境での、呼び戻しの練習が必要です。

どんなシチュエーションでも「おいで」が確実にできると、こんなとき安心ですね。

 

これからも、できるかぎりいろいろなパターンでのシェイクアウト訓練を行い、必要なトレーニングはどんなことか、考えていきたいと思っています。


◆参考リンク
※今日の訓練についての告知ページはこちらです。【久喜市ウェブサイト内】

https://www.city.kuki.lg.jp/kurashi/bosai_bohan/bosai/oshirase/j_alert.html